So-net無料ブログ作成
検索選択

ローレライ [映画鑑賞]

福井晴敏氏原作の「終戦のローレライ」をもとにした映画ローレライ」をナイトショー(の時間帯)で見てまいりました。テレビCMなどで流れていた映像の素晴らしさ(とくに潜水艦)に惚れ込み、どうしても劇場で見たくて...。ちなみに、原作のほうは一切読んでおりません(苦笑)

舞台は第2次世界大戦末期ですがフィクションですので、実際にあったことではないですが、全体を通して考えさせられる「言葉」がとても多い...です。まるで、90年代から21世紀になった今の日本を言ってるのかと思わせるようなことも、しばしば...。けっこう、感動しちゃいました。ただ、原作をお読みになってから映画を観た方には、ずいぶんと物足りない内容だったようです。抜けているところが多かったみたいで。でも、ある意味ボクの場合は読んでない分「感動」しやすかったのかも知れませんね。

・・・で、肝心の「潜水艦」のシーン、やはりカッコ良かったです。どっかの国のど派手な映画のようなじゃなくても、とてもインパクトある映像に仕上がっていたと思います。潜水艦のデザインもボク好みでしたし (o^.^o) うほっ どこかで見たような気もする、そんなデザイン。

そんなこんなで2時間強の映画、最後の終わり方はちょっと物足りないなと感じつつも、これは良かった、楽しめました。戦争映画って言うジャンルではないかも。日本映画はどうもって言う人もおられるようですが、観てみる価値は十分あるんじゃないかと思います。

なお、最後のエンドクレジットで、キャストの中に気になる名前を発見!!

「***・反乱兵:富野由悠季」!? ほえ? 富野由悠季氏って、あ、あの?

さらに、水密服デザインとして出渕裕氏。これは観た方に事前に聞いていたから驚きはしなかったが、その後に(前に?)画コンテとして庵野秀明氏の名前を発見した時も驚いた。でも、なんか、これで合点がいったような気がする。>潜水艦のデザイン(影響があるのかも)

命を賭し 未来を託す 望みの種 (字余り)

そうそう、ローレライを観て、知り合いの方に教えていただいた「雪と風の物語」をふと思い出しました。このお話を映画に出来たらいいんじゃないかと。


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 11

Yasuko

映画は、見ていませんけれども、原作は読みました。
原作は、全4巻でボリュームがありますから、映画でそのすべてを追うのは難しいんじゃないかと思います。映画の方も、見てみたいと思いまして。今、いっしょうけんめいだんなさんを口説いているんですけど。最寄りの映画館には、自力で車でいけないんです。
どうも、結界の外らしくて。
by Yasuko (2005-03-13 15:19) 

alce_jr

そうですね。原作は4冊になる超大作のようですから、それを2時間強の映画にするには、かなり苦労はされたのでしょうね。観ていても、あと30分ぐらい長くできれば、もう少し原作に近づけたのではないかという思いも。
まあ、こういう映画ってのは、原作読む前に観に行くのが良いのかも知れませんね f(^_^) ぽりぽり
ちなみに、あの「ハウルの動く城」についても、同等のことが言える気がしています。これも、後で原作を読みました。
by alce_jr (2005-03-13 19:27) 

Yasuko

ハウルは、じつは原作も映画もまだなんです。
映画、見に行きたかったんですけど、タイミングをはずしていけなくなってしまって。
原作、図書館でさがしてみようかなぁ。
by Yasuko (2005-03-13 23:34) 

alce_jr

ハウル、原作を先にお読みになったら、映画は「違うもの」としてご覧になってください。^-^; アハハ...
by alce_jr (2005-03-14 20:48) 

はじめまして
nice、コメント、TBありがとうございます。
富野由悠季氏の名前気づきませんでした。
ガンダム好きなのに・・・・。
でも逆に庵野秀明氏の名前には気づいていたりしたのだけど・・・。
正直良い映画でしたね。戦時下なのにロン毛と批判されたのをどこかで聞きましたけど、SF映画なのでワタクシ的にはOKです。
by (2005-03-15 01:39) 

alce_jr

>トチオさん
富野由悠季氏の名前、見間違いでなければあったと...。今週末、観に行かれる(予定の)会社の先輩に「確認」をお願いしちゃいました^-^;
ロン毛、当時の戦時下であれば確かに不自然かも知れませんね。言われるまで気付きませんでした。でも、そんな事はドウデモいい気がしますが...。
by alce_jr (2005-03-15 23:28) 

こんにちは。
TBしようと思ってたのですけど、
接続が猛烈に悪くて挫折しました。
でも、本日何とかなりそうなのでTBします。
それでは。
by (2005-03-16 00:42) 

alce_jr

トチオさん、TBありがとうございました。
(催促しちゃったみたいな感じで...^^;;)
by alce_jr (2005-03-16 01:01) 

Looser

 原作『終戦のローレライ』、映画『ローレライ』共にかなり入れ込んでいるLooserです。 でも、またまたぐずぐずしていてトラックバックを入れ損ねてしまいました。
<(_ _)>
 「ロン毛」に関しては、映画の中では説明部分が省かれてましたが、原作では(きちんと読んで状況を理解すれば)十分に理解できるようになっています。 長い髪の毛については同じ福井晴敏氏の『亡国のイージス』(こちらも近々映画が公開になります)でも使われていた一つの「表現の道具」ですね。
 それから、福井晴敏氏自身が重度の「ガンダム・マニア」だそうで、それが行き過ぎた結果、『月に繭 地には果実(ターンエー(∀)ガンダム改題)』という作品も書いておられていて、最近文庫本化されました。 福井氏によると、『ローレライ』もガンダムを大人向けに形を変えただけのもので、本質的にはガンダムそのものなのだそうですよ。
 そういうLooserは、残念ながらガンダムについては何も知りません。 <(_ _)>
by Looser (2005-03-22 23:27) 

alce_jr

やはり、原作を読んでみる必要がありそうですね。
とりあえず、今買いだめている(と言っても3冊だけど)を読了してから、読み始めてみようと思います。
by alce_jr (2005-03-23 22:19) 

Yasuko

映画、観てきました。
原作は、原作としてよかったですけれど、映画もヨカッタです。
ものたりなさは感じませんでした。やはり、潜水艦や、船の映像がいいですねー。
スタッフロールで、『海洋堂』が流れたとき、さもありなん、と、思ったのでした。
by Yasuko (2005-04-02 23:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。