So-net無料ブログ作成
検索選択

2005 SUPER GT Round 6 in 富士スピードウェイ [モータースポーツ]

9月25日(日)、今年から新しいコースへとリニューアルされた「富士スピードウェイ」にて、2005 SUPER GT Round 6の決勝が行われました。前戦のツインリンクもてぎへは都合により行けなかったので、今回はちょっと無理してでも行く事にしました。

台風の影響で、家を出る時はかなりの荒れ模様で雨が土砂降りでしたが、朝6時半頃に富士スピードウェイに着いたのですが、とりあえず雨は止んでおりました。でも、めっちゃ風が強かった。

今回は、ちょっとだけ奮発(と言っても、そんなに高額ではなかったけど)して、長蛇の列に並び、ピットウォークチケットを買いました。このチケットで、10時半頃からピットレーンに立ち入る事が出来、間近でインプレッサをベースにしたGTカーが見れたのは嬉しかったよ(o^v^o)。

写真を撮り終わった後に、クスコレーシングのドライバーである小林選手と谷川選手に「頑張ってください!」と握手をして声援を送った。

決勝は14時頃から始まりました。残念な事に、我ら(?)が応援するクスコレーシングは波乱の予選の闘いでスタートグリッドはGT300クラスで24位という、ちょっと悲しいグリッドでありました。


(一番後ろから2番目...)

そして...。

フォーメーションラップが始まり、そのままローリングスタートへ。1週を終えてホームストレートに戻ってきた時には、ポジションを2つアップしてました。なかなか良い感じでレースが始まった感じで、前半戦でだいぶ良い所までポジションを上げてきたクスコのインプレッサ。

30周代の後半ぐらいにインプレッサはピットイン。その時には、上位チームが脱落などしていく間に、クスコレーシングは10位までポジションアップしてました(やっと、電光掲示板に「77」の数字が...)。

後半戦に突入すると、さらに上位チームの車にトラブルが出て来たのか数台脱落していき、クスコのインプレッサはなんと9位までポジションをアップ!! 我ら(?)の中で拍手喝采。しかし、前を行くランボルギーニをなかなか抜く事が出来ず苦しい展開に。それでも、今のポジションを維持し、そのままチェッカーを受け...。


(電光掲示板、これじゃ、わからんなぁ)

今思えば、24位から一桁の9位まで破竹の追い上げを見せたクスコのインプレッサ。めちゃ長いホームストレートには不向きと言われているインプレッサで、ここまで健闘してくれた事に、ただただ感激した次第であります。

さあ、次回Round 7も、この調子で頑張れ!! 我らがクスコ スバル ADVAN インプレッサよ!!

さて、次回は大分のオートポリスでRound 7が行われる。が、さすがに遠すぎる事と、ちょうど試験があり行けません。なので、最終戦であるRound 8(鈴鹿サーキット)へは必ず行きたいと思う。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。