So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「県庁の星」観てきました。 [映画鑑賞]

愛車の定期点検(半年毎)に出して待っている間、久々に映画を見に行きました。もちろん、時間を無駄にしないためとリラクゼーションのためです。まぁ、ちょうど上映時間の合う映画があったものですから...。

映画のタイトルは、県庁の星 です。

主演(?)は、織田裕二 と 柴咲コウ の二人で、どちらも人気のある俳優さんですね。

原作などの予備知識一切無しの状態で観ましたが、率直な感想として「この映画は 観て損は無し である」と感じました。(←人それぞれ、感じ方が違うと思うので、中には「アカン」という人もいるでしょうけど)

地方スーパーチェーン店の一つ?)に、県庁から派遣されてきた人物(“県庁さん”と呼ばれる)と、そこに勤めるパート社員との確執みたいなところから始まるんですが、冒頭から“県庁さん”は嫌みタラタラな対応(マニュアルがどうとか...)を見ていて、

「あぁ、自分が勤めている会社も似たようなもんだなぁ」

と、“官”だけじゃなく“民”だってあり得る内容で、“民”だから良いとは言いきれないなんて事を思いつつ見てました。あと、部分的に“県庁さん”と同じ思いのところもあるし...。(って感じることは、小生は 嫌な奴 になるんだろか)

まぁ、それはそれとして、ある事をきっかけに次第に“県庁さん”の意識が変わっていき、パート社員と共同でスーパーの立て直しをしていくわけで...、最後にはハッピーな感じで終わるみたいな。

で、小生的に、この映画を見て思ったのが、“行政”側の考え方というものについて核心をついたものじゃないのか、と。今、住んでるところの自治体が、もし“ああいう感じなんか”と思うと末恐ろしいです。そうじゃないと思いたいですが。

ま、最近、この手の映画、増えてきましたね。その最たるものが「踊る大捜査線」シリーズでしょうかね。あれも、“官”側、つまり警察機構に対する痛烈な批判めいたものを感じますしね。

以上

PS.あぁ、ふと思いましたが、こういう映画、自分が勤めている会社の 役員 や 幹部社員 の方々って観るんだろうか。もし、観たとして、どう感じているのだろうか。

トラックバック先】
★「県庁の星」(“ひらりん的映画ブログ”様)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。