So-net無料ブログ作成

Firefoxで「IE関与の脆弱性」見つかる。 [Mozilla 普及活動]

IE関与の脆弱性、Firefox側が対処を表明 なる記事が出ました。

記事を要約すると、MicrosoftのIEからMozilla FirefoxへURLデータが送られ、悪質なウェブサイトに飛ぶと、Firefoxでリモートからコードを実行出来てしまう、と言う事らしいです。

ウェブブラウザの相互利用(作用?)での脆弱性は、AppleのSafariとFirefoxの間でも報告されているらしいですが、この時はApple側で問題を修正したそうです。・・・が、今回の場合、Microsoftは現時点でパッチ提供の予定はないとのこと。素人目には、明らかにMicrosoft側の問題と思われるのですが...、相も変わらず殿様商売をしているなってな感じのメーカーですね。

ま、とりあえず、今回の件、Firefoxを使っている限り、この脆弱性を突いた攻撃に遭うことはないそうですし、次期リリースバージョン 2.0.0.5 で問題に対処するそうなので、Mozilla Firefoxユーザーとしては大変助かります。

ということで、IEじゃなくて、Firefox中心のネットサーフィンにしていきましょう。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。