So-net無料ブログ作成
検索選択

トリオコンサート「物語」 [音楽]

ノーテル市ヶ谷ホール(JR中央線・市ヶ谷駅)で開演された、馬頭琴、ピアノ、チェロという3つの楽器で珍しい組み合わせによるトリオコンサート「物語」を鑑賞してきました。いつもは大勢の楽団員でのオーケストラ...なところ、今回はトリオ...ということで出演者は3人だけでした。そして、今回、生まれて初めて「馬頭琴」なる楽器を見ましたが、弦は2本だけで、本当に音が出るんかなぁ、と疑問に思うほどで...。

さて、演目はと言うと、

1. ドプチン作曲「ラクダの速歩」(馬頭琴ソロ)
2. ジャンツァンノロヴ作曲「夢の光」(ピアノ、馬頭琴)
3. 福田蘭童作曲「月草の夢」(尺八←プログラムにはこう書いてあった)
4. ダムディンスレン作曲「はじまり」(チェロ、馬頭琴)
5. ジャンツァンノロヴ作曲「Sonata」(ピアノ、馬頭琴)
6. アルタンゲレル作曲「trio」(ピアノ、チェロ、馬頭琴)

で、うち3曲(4、5、6かな?)は本邦初演のものとのことで、メディアになっていないものらしいってことで、きくところによると録音しても良かったらしく、終わった後で後悔しました。
(だってメディアになってないから、もう二度と聴けないかもしれないんですよ)

まず、馬頭琴という楽器、先にも書いたけど2本の弦しかないのに、なんであんなにいろんな音域が出るのか、なんかバイオリンだったりヴィオラだったり、はたまたチェロだったり...みたいな(あたかも、ですよ)、馬頭琴の音色を聴いていて、ただただ感嘆と感動をするのみでした。

あと、友達が出演してたので、こっち(自分)まで妙な緊張感で聴いてたので、ところどころ上の空のような感じでボォ~としてたりと、なんか変な感じな一時(ひととき)でした。

たぶん、こういう機会がなければ、馬頭琴という楽器の音色(生演奏)に出会うことはなかったと思うので、機会を与えてくれた友達には感謝感謝であります。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。