So-net無料ブログ作成
検索選択

MicrosoftのFirefoxアドオンが無効化された [コンピュータ/情報技術]

ブラウザ Firefox にアドオンとしてインストールされた Microsoft の「Microsoft .NET Framework Assistant」と「Windows Presentation Foundation」が、Firefox の動作に問題を発生させる、みたいなことで、いきなり「無効化」するとかなんとかの画面が出ました。

Firefox を再起動すると、これら2つのアドオンを無効化にする、みたいなメッセージだったので、キャンセル したんですが...、結局 firefox を終了して起動し直すと、Microsoft のアドオンは無効化にされてました。

・・・で、なんで「無効化」になってしまうのか、その理由がよくわからず、ネットで検索してみたら...、

Mozilla、Microsoft製Firefoxアドオンを無効化

という記事を見つけました。

---転載開始---
・・・Microsoft自身が10月のセキュリティアップデートで脆弱性を認めており、Firefoxユーザーに対し無効化を勧めていた。
 だが、このプラグインを完全にアンインストールするのは一部のユーザーにとっては難しく、また無効にしなかった場合のリスクが非常に高いことから、Mozillaはこれらをブロックリストに追加したという。Microsoftには同日この決定を連絡し、同意を得たとしている。
---転載終了---

ってことらしいのですが、つい先日公開されたセキュリティパッチでは脆弱性が解決されていないために、Mozilla は Microsoft のアドオンを無効化にした??? ・・・で、もしアドオンの脆弱性が解決されたとして無効化の解除は????

なんか、肝心な部分が理解出来ないままなのですが、とりあえずは Microsoft と Mozilla の対応待ちってところでしょうか。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。