So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・ドライブ ブログトップ
前の10件 | -

明石海峡大橋、歩いて渡る [旅行・ドライブ]

昨日のことですが、明石海峡大橋での海上ウォークというイベントに参加してきました。神戸の舞子側から歩いて淡路島へ渡るのですが、実際に歩くところは自動車が走行してる部分ではなく、その下にある点検用の通路でした。

さて、奈良から参加するメンバーと明石近くの立体駐車場で待ち合わせ、合流してから電車で 舞子 へ移動しました。JR舞子駅に着くと目の前には明石海峡(瀬戸内の海)と橋のアンカー部分(って言うんでしたっけ)で、その袂にイベントの受付会場である 橋の科学館 がありました。

akashi_bridge_a.jpg

まだ自分たちが参加する時刻まで時間があるため、橋や海を眺めながら、気持ちの良いお天道様の下でまた~りと過ごしてました。時間が来たので受付を済ますと橋の科学館内の展示コーナーを見学出来ました。・・・が、夜通しの運転(仮眠1時間程度)で睡魔に襲われ立ってることもツラく展示物を一通り足早に見て館外に出たところにある階段に腰掛けて休んでました。それからしばらくすると連れ(一緒に参加する先輩方?)が出てきた頃に、集合時刻に近付いたのでアンカー部の前に移動しました。

そして、いよいよスタートです。アンカー部の建物内にある階段を登り7階部分の点検用通路のフロアに出ると足がすくみはじめました。で、いざ通路に足を踏み出した瞬間、恐怖はピークに...(爆)。実は高所恐怖症だったりするわけでして、とくに足下が丸見えな状態はつらいもので、最初の一歩を踏み出すのに大変な勇気を振り絞ったわけで...。

akashi_bridge_b.jpg

その後も一緒に参加した連れにああだこうだと言われても恐怖から言葉数も減り真っ直ぐ前を見てひたすら歩くだけでした。1kmほどを歩き、やっと橋の足の部分(正式にはなんて言うんでしょうか。わからないから、ここでは橋の足とします)に着きました。そこで、しばしの休憩を取りました。

akashi_bridge_d.jpg

その後、おおよそ2kmを歩き神戸・明石側からみて2つ目の橋の足に到着。それまでにだいぶ高所も慣れてきましたが、それでもまだまだ周りや下を見る余裕はありませんでした。

さて、2回目の休憩を終え、残りの約1kmを歩き始めました。ここまて来ると通路が下ってる形になるわけで、どうしても足早になってしまいブレーキをかけながら歩きました。そうして歩くこと1時間ぐらいすると前方に淡路島の対岸、そして 道の駅あわじ がはっきりと見えてきました。

akashi_bridge_c.jpg

こうして約4kmの道のりを無事に歩き終えて主催者の方々から証明書をいただきました。淡路島の大地に降りたった時、やっと安堵することが出来ました。その後、しばらく 道の駅あわじ で また~り してから岩屋港へシャトルバスで移動してフェリーで明石港へ...。たかだか20分ぐらいの船旅でしたが、そのフェリーの中では出向と同時に爆睡モードでした。ちなみに今回乗船したフェリーは「たこフェリー」じゃなくて「イルカフェリー」だったのが残念でなりません。

そんなこんなで「明石海峡大橋会場ウォーク」イベントは幕を閉じたのでありました。なお、このイベントは毎年やってるらしいのですが、今年は橋が開通(??)して10周年という節目の開催だったみたいで、そんな節目の年に参加できて良かったです。

そういえば、10年前に明石に住んでた時には橋が完成してたから、もうそんなに経ったんですねぇ。・・・と感慨深げに思いました。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みちのく一人旅、その後... [旅行・ドライブ]

4月30日の晩に出発して5月4日にかけて行ってきた “みちのく一人旅” について、

みちのく一人旅(その一)
みちのく一人旅(その二)
みちのく一人旅(その三)

に書きましたが、その後、やっとのことで 写真 をアップロードしましたので、あらためてご覧いただけるとウレシいです。
(まぁ、たいした写真ではないですが...)

ちなみに、今回の総走行距離は 2000キロ をオーバーしました。まだまだ走り足りない...感じがしてますが(^^;;

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みちのく一人旅(その三) [旅行・ドライブ]

道の駅 鳥海(森のエリア) の駐車場で一夜を明かし、早朝(6時半頃)に 当道の駅 の海のエリア にある 鳥海保養センター“あぽん西浜”(温泉施設) へ移動して、朝風呂をしました。でも、湯船のお湯は熱すぎてつかることはしませんでした(^^;;

7時半頃に“あぽん西浜”をあとにして、今日の目的地(お昼までには着きたい)へ。

ほぼ海岸沿いを走る国道7号で南下。途中、市街地の混雑を避け少しでも時間を稼ぐため、酒田みなとIC から 山形自動車道 を使いました。庄内空港IC で一般道へ戻り、国道112号を通って、鶴岡 の 加茂 で国道から逸れて海岸沿いの一般道を南下。地図では由良海水浴場がある辺りで国道7号へ合流(!?)。

おおよそ8時半頃に 道の駅 あつみ に到着。ゆっくりと休憩。9時頃に出発し、再び右手に日本海を眺めながら国道7号をひた走り...。新潟県に突入し、内地へ向かう国道7号に別れを告げ、勝木 と言うところで海岸沿いの国道345号へ。笹川流れ というもので観光地(?)になってるらしいところを通過し、順調に南下を続けました。その後、国道345号の終点(らしい?)から国道113号へと替わるものの松林の間を走り、最終的に国道7号(バイパス?)へ合流して新潟市街地へ。

国道7号の 桜木IC で 白山公園 方面へ。実は、ここは昨年夏(だったかなぁ?)にも走ってるのですぐにわかりました。あの時は逆方向からだったけど。そして、みちのく一人旅(あ、新潟は みちのく ではないか)も終盤、今回の旅の締めくくりにと“忘れられない味”を求めて とんかつ太郎 へ行きました。

かなりご無沙汰な感じでしたが、久々の とんかつ太郎 のカツ丼(今回は奮発?して特製カツ丼)を食しました。もう何も言うことはなく、とても満足しました。ちょうどお昼時に行ったので、めちゃ混んでて 3代目 の方とお話しする間もなかったけど。たぶん、気づいてなかっただろうし。あ、その前におぼえてないかも!? (^^;;

ton_taro_a.jpg

その後は、実家に向かうべく、北陸自動車道 で 上越方面を目指して、上越JCT から 上信越自動車道 へ。それにしても、GWな影響か、上信越自動車道で、こんなに対向車線(下り)で車が走ってるのを見ました。そして、17時ちょっと過ぎに実家へ到着。こうして、みちのく一人旅 はほぼ終了...。

以上

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みちのく一人旅(その二) [旅行・ドライブ]

道の駅 ふかうら の駐車場で一晩を過ごし、みちのく一人旅 の二日目の朝を迎えました。夜は冷え込むのかと思ったけど、意外と暑苦しいものでした。とりあえず、出発の身支度を整えて、道の駅 ふかうら をあとにしました。日本海に沿って南下する形で青森県を越えて秋田県へ...。途中、秋田県の八峰町にある 八森いさりび温泉ハタハタ館 にて朝風呂(と言っても既に9時)に入ってサッパリしました。

toriizaki_a.jpg

それから秋田自動車道などを使って3時間以上を走り続けて、秋田自動車道の協和ICから国道46号で 角館 を目指しました。1時間ぐらいして、やっと目的地周辺に到着しました。臨時の駐車場(有料)に車をとめて、角館 の 武家屋敷 へ。GWと言うこともあり観光客がスゴかったです。そんな中、ひとまず腹ごしらえということで、ここら辺で有名らしい “稲庭うどん” を食べることに。何代か続いている...らしい 稲庭うどん が食べられるお店(の名前は忘れました)で食しました。うどんはそうめんのように細いけど、コシがあってうどんの味でウマかったです。食後は、武家屋敷をぶらぶらと散策(見学)しました。

inaniwa_a.jpg

・・・で、角館 まで来たので、世界でも有数の深度を誇る...らしい 田沢湖 まで足をのばしてみました。角館 から1時間ぐらいで “たつこ像” のところへ到着。

tatsukozo_a.jpg

その後は、国道105号で日本海側へ向かい、国道7号で南へ進路を向け、ひたすら走り続けて秋田県を越えて山形県へ。そして、道の駅 鳥海(森のエリア) に着いたのが20時頃でした。

今日はだいぶ走り込んだし、眠くもなってきたので、ここで一夜を過ごすことに。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みちのく一人旅(その一) [旅行・ドライブ]

なんか、そんなような歌があった気がしますが、それはさておいて...。久々のロングツーリングドライブ)へ。

昨夜のうちに出発して 青森弘前 まで桜前線を追いかけて...のつもりが、今年の桜前線は一週間も早く北上してしまったようで 弘前公園(弘前城跡) の ソメイヨシノ 群は全滅でした。しだれ桜か牡丹桜(!?)、八重桜(赤い花びらの???)ぐらいしか残ってませんでした(T_T) もし、ソメイヨシノが満開もしくは散り始める頃だったら、とても綺麗であろう桜並木の外堀(桜トンネル)の歩道が寂しいくらいでした。

hazakura_a.jpg

次に 三内丸山遺跡 へ来ました。パッと見た感じでは広い公園みたいな感じで、その一角にぽつり(?)と復元された何種類かの竪穴住居などがありました。なんか思ってたよりも見るところが少なく、なんか拍子抜けした感じでした。

sannai_iseki_a.jpg

さらに歌(♪ごらん あれが たっぴさき きたのはずれ...♪らしい)で出てきたような気がする場所 “竜飛崎龍飛崎” まで行きました。灯台のある丘の上の駐車場に車をとめて、車から降りたら...びっくり!! めっちゃ風が強いのなんのって...(>.<) そんな竜飛崎龍飛崎の丘の上に崖下にある漁港へと続く 階段国道 なるものがありました。「じゃぁ、下へおりてみよう」ってことで10段以上おりたところでフッと思いました。「これ、下までおりたら、自分の車に戻るのに、この階段をのぼってこないと行けないのか...」と。・・・で、すぐに引き返しました。

tappizaki_a.jpg

そんなこんなで竜飛崎龍飛崎をあとにして、冬季は閉鎖されていて通行できない 竜泊ライン(国道339号)を通って日本海側をナビ任せで延々と南下して...、国道101号で再び日本海海岸沿いを走行。そして、今夜の車中泊のための場所 “道の駅 ふかうら” に19時頃に到着しました。

睡眠不足の上、休憩もあまり取らずに走り込んだため疲れましたので早めに就寝...。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ひつまぶし を食べに行こう! [旅行・ドライブ]

・・・と、某飲み屋において飲み仲間との会話の一言から始まった 名古屋 グルメ 日帰り 旅行 を、3月2日(日) -昨日- に決行してきました。

お昼頃に向こう(ひつまぶしのお店「あつた蓬莱軒本店」)に着くように出発して、みんなとは中井PAで合流。車2台、総勢8名のちょっとした団体旅行...(^-^) 途中、牧之原SA、刈谷PAなどで休憩をとりつつ、伊勢湾岸道から名古屋高速へ、渋滞もなく順調に行くことが出来ました。そして、あつた蓬莱軒本店 の裏側の駐車場に着いたのは12時半頃でしたが、お店の前には沢山の人だかりがありました。しかし、遠路はるばる来たからには食べずに引き返すのは来た意味(意義?)が無いということで、お店の前で順番の予約受付してるお店の人に受付したら14時になるとのこと。小生は駐車場の空き待ちして待機、他の方々は近くにある熱田神宮へ行って時間つぶし...。小生が車を駐車場にとめられたのが13時30分頃。それからお店の前で14時になるのと連れの方々が戻ってくるのを待ってました。

houraiken.jpg

やっとのことでお店に入ることができて、お品書き(メニュー)を見るも、みんな同じで ひつまぶし を注文。ちょっとの間、次はどこへ行こう? とか歓談しながら待つ。そして、ついに本場の ひつまぶし がきました。

hitumabusi_a.jpg

ひとまず ひつまぶし の3つの食べ方をして、それぞれの味を体感(!?)してから、その後はお好みで食べるのですが、4杯目もお茶漬けバージョンにしました。

hitumabusi_b.jpg

結局、小生は5杯分にとり分けて食べる形になりました。5杯目のお茶漬け用つゆ(??)まではなかったので、薬味を乗っけただけでいただきました。さすがに本場の本場...らしい あつた蓬莱軒 でしたので、値の張るランチになりましたが、みんな本場のひつまぶしに満足したみたいです(^-^)v

その後、場所を移動して 栄町 のパーキングに車をとめました。そこから、名古屋城へ移動、駆け足(という感じ)で見学、次に名古屋駅へ移動してお土産を買って...と少しばかりハードな行動をしたために何人かバテ気味な方もいました。その後、「世界の山ちゃん本店」へ行き、幻の手羽先を食べました。

tebasaki.jpg

カリッと揚がった手羽先、山ちゃん推奨の美味しい食べ方チャレンジするもなかなかうまく行かず、それでも何回かやってやっとコツがわかりました。その食べ方だと、一番ミが付いてるところを一気にキレイに食することができ、確かに美味しい食べ方だと実感しました。

最後に、山ちゃんの店内にあった貼り紙(広告)で気になっていた 赤味噌ラガー なるビア(実際は発泡酒ですが)を自分へのお土産として購入しました。
(まだ飲んでないので感想は別途します)

akamisoraga.jpg

そして、ぞろぞろと駐車場へ戻って、あとは帰るだけ。その時、既に20時30分は過ぎていたと思う。駐車場から名古屋高速までたいして時間かからずで、その後も朝来た道を逆に進むだけでしたが順調でした。浜名湖SAと富士川SAで休憩を、そして帰路へ...。こうして、ハードな一日な 名古屋 グルメ 日帰り 旅行 は幕を閉じたのでありました。

参加者のみなさん、本当にお疲れ様でした。これからも 何か 計画しますんで、これに懲りず(爆)よろしく、です(^-^;

以上

PS.
それにしても、足柄SAで燃料補給し損ねて危うくガス欠になりそうでヒヤヒヤしたのと、結局自宅に着いたのは25時頃で、次の日(今日ですが)は、会社で仕事になりませんでした(°∇°;)

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

冬の京都へ行こう! [旅行・ドライブ]

昔に「冬の京都へ行こう」みたいなキャッチフレーズのテレビコマーシャルがあったような気がします。そんなフレーズを某飲み屋で飲み仲間と話していたら、「じゃぁ、京都へ行こう!!」となり、2月10日(日)の日帰りで飲み仲間による車での相乗り旅行を計画していました。

本当なら、今頃は、京都の嵐山辺りで、美味しい湯葉料理を食している頃...なんですが、この週末、「たいしたことにはならない」と高をくくってたけど、小生の予想以上の 雪 になってしまい、名古屋・大垣方面の名神高速が通行止めなんてことになってるし、旅行行くメンバーの一人からのメールで、秦野~御殿場も深夜危険になるかも、ということで、急きょではあるけど京都旅行を中止しました。

楽しみにしていたことではあるけど、何かあってからでは遅いので...。でも、小生の判断遅れで、みんなには迷惑をかけてしまったみたい...org も、申し訳、ないです。

それでも、まだ「京都へ行こう!」計画はあきらめていません。是非、日を改めて行きたいと思うのですが...。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新型ロマンスカー 50000形(VSE) [旅行・ドライブ]

えっ!? 何を今さら言ってんの...って思われた方もおられるでしょうか。そう、もう新型...というには、デビューして2年は経っている 小田急電鉄 の ロマンスカー

50000形(VSE)

に乗車し、新宿 → 箱根湯本 へプチ旅行してきました。


(出発前、一番先頭から...)

それも、・・・と言うほどでもないですが、展望車両の前から2列目のシート(通路側)に座ることが出来ました。まだまだ新しい車両と言う事もあり、シートは座りやすいし、何より前後のシート間も広くて楽ちんでした。


(出発直後、新宿駅構内を出ようとしているところ)

なかなか運転手の視線で電車に乗るってことは少ないので、ちょっとした感動...がありました。


都心のどこか...)

あとは、写真も撮るのを忘れ、ただただ前方の景色を見ていました。そうそう、小田急の運行ダイヤをチェックしながら、対向車両のJR(小田急線に乗り入れしている)「あさぎり」を撮っている強者(?)もいたり...。

残念なことは、前のシートの背が高いので、前方を見るのがなかなか厳しい...状態なことでした。やっぱ、一番前のシートに座りたいなぁ、って思い至りました。また機会があれば、一番前のシートでプチ旅行してみようかと思いました。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大阪グルメツアー !? [旅行・ドライブ]

今日は、大阪は 通天閣(&新世界) や 道頓堀 へ行ってきました。・・・と言っても一人ではないです。飲み仲間とです。

まだ真っ暗闇の早朝、某所を出発した僕らは、東名 → 名神 を使って、運転してると眠気に襲われること度々あり(昨夜、あまり寝れなかった)、一緒に行った仲間と交代しながら、まず 通天閣 を目指しました。途中、阪神高速の一部で、工事による斜線規制で渋滞はあったものの、その他に滞る要因もなく、以外と早く一つ目の目的地の 通天閣 へ着きました。

新世界通り(?)の商店街の横に、新世界市場 なるものがあったので、一応通ってみた。その後、通天閣 に入館料を払って上ってみました。で、幸運の神様 とご対面...。

一通り、通天閣の展望台から大阪の風景を360°見終わり、エレベータで階下に降りました。

時間的にお昼時と言う事で、串カツ を食すことに。・・・いろいろとお店があるので悩ましいし、面倒だったので 通天閣 の近くにあったお店に入りました。
(非常にビールが飲みたかった)

ひとまず、第一の目的は果たした僕らは、大阪のお土産を目指して、心斎橋の方へ移動しました。その途中、自分の車で、初めて 大阪の秋葉原 日本橋電気街 の広い道を走行したけど、怖かった...(>.<)

心斎橋筋の商店街(なんて言うんだろう)から えびす橋 方面へ歩き、いつの間にか道頓堀まで来て...。やっと、お土産が集まってるお店を発見し、大阪らしいお土産を物色して購入しました。

そして、最後に、大阪のグルメの一つ、たこ焼きをと。

4つの味から選べるらしく、「さっぱりとした味にしよう」ってことで、醤油味にしました。ふと時計を見ると14時過ぎており、次へ移動...というか、帰ることににしました。帰る道も、ほぼ朝と同じ 阪神高速 から豊中辺りで 名神 へ入り、ひたすら東を目指して爆走...。その途中、彦根ICで下へ降りて、JR米原駅へ向かいました。

これまで新幹線の中からしか見た事がなかったけど、う~ん、あまりにも寂しい...駅です。いくら、東口(あまりにも閑散としたほう)とはいえ、これはあまりにも寂しい駅です。・・・平成21年には新しい駅舎が出来るらしいけど...。

(無事、予定の時刻に間に合うことが出来て安堵)

と、ちょっとした寄り道をして、再び 名神 へ乗って本当の帰路につきました。休憩もきちんとして、仲間と運転を交代しながら、仲間を家まで送り届けてから、自宅に着いたら22時30分頃でした。

いやぁ、ハードな日でしたが、ひさびさにロングドライブも満喫出来たし、良かった良かった(^-^)

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

レガシィで北海道を走り込んできましたよ。 [旅行・ドライブ]

ええと、マイナーチェンジしたスバルレガシィオフィシャルブログが出来ました。その中にあるコーナー「MY LEGACY STYLE」で「あなたのレガシィライフを自慢してください!」というテーマが与えられてましたので、一つ記事を...。

僕が乗っているレガシィは BPEA5PU という型式のものですが、出会いは、2003年9月、フルモデルチェンジしたレガシィに3.0リッター水平対向6気筒(3.0 BOXER 6)が搭載された 3.0R というモデルが発売された直後ぐらいでした。

試乗してみて、2.0リッターターボのエンジンより、感触、感覚、情操がすばらしく自分に合う感じがしたので、ほどなくして購入(手続き)をしていました。

納車後の“ならし”の期間は、ほぼ毎日と言う程、自宅の周りを走り回り、最後は東名道→中央道の高速巡航で“ならし”の仕上げをするなど、1ヶ月が経つ頃には、もうレガシィがない生活は考えられないほどになってました。

それから1年が経ち、大きなイベントが日本にやってまいりました。そう、ラリージャパン2004(WRC)でした。そうして、10年越しの小さな夢「自分の車で北海道をドライブする」日が叶ったのでありました。

・・・と、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが(苦笑)、その時のドライブ日記でも書いてみようと思います。

正式なドライビングレポートは こちら に一通り掲載していますが...。

某所の自宅を出発して、途中で休憩をしながらレガシィ3.0Rを駆って745.4kmを走り、青森は八戸へ到着。日本のアウトバーン的な東北道をひた走りました。

その後は、八戸から苫小牧へフェリーで渡り、そこから十勝(帯広)へ行きました。ラリージャパンの熱気に触れ、SWRTの活躍(?) に心躍り...。

それから、深夜(早朝)のキタキツネとの遭遇事件(!?)を経て、屈斜路湖へ行き、摩周湖へ向かう途中で、どこからか硫黄の臭いがしてきたんで、ふと山のほうを見てみると、もくもくと煙を吹き出す「硫黄山」が...。

その後、霧の摩周湖(実際には晴れていた)を見て、知床・羅臼へ進路をとり、海馬(トド)肉を食し、知床五湖へ行き、オホーツク海に沿って北上...。

オホーツク海は穏やかなようだった。しばらく海を横目に見ながら走り、猿払(さるふつ)の手前で、風力発電用(・・・だよね?)の風車が、道沿いにいっぱい立っていた。この目で発電用の風車を生で見るのは初めてだった。

そうして、やっと日本最北端の地 宗谷岬 に到着し、モニュメントや灯台のような建物(本当は戦時中の監視用のものだとか)から、サハリンの方向を望んだりして、日本最北端の地を満喫した後、次の目的地を目指して爆走...。

姫路の友達が教えてくれた ウッディ・ライフ というペンション(赤い屋根の丸太小屋)を目指すが、それは、上富良野の深山峠にあり、道のりは遠かったけど。北海道へ来て初めてバイパスや有料道路も使ったりもしました。
(そうして北海道の4日目が終了

翌日、富良野(北の国からの舞台)→札幌(時計台)を見て回って、余市町まで足をのばし...。

・・・で、北海道最後の日、台風の直撃をくらって、小樽から新潟行きのフェリーは5時間近く出航が遅れるなどの影響を受け大変な思いをした。外は、砂と小枝が飛び回っていて、それが車にカツンカツンと当たって...。もう最悪(泣)でした。

何とか小樽を出航し、北海道の地を後にした。その時の、走行距離は 苫小牧から小樽まで1610.9kmでした。

こうして、北海道のドライブは終わっていったわけですが、おおよそ1週間を掛けて、道南以外の北海道を回って、新潟から某所の自宅までの帰りの距離を足すと、総走行距離は2851.0kmに達していました。スゴい距離を走行してきたものだと...。

それにしても、レガシィ3.0Rの“グランド・ツーリング・スペシャリティ”という言葉にふさわしい安定した走りのお陰で、とても楽しいドライブが出来たと思っています。

フッと思い出しました。

遠くへ、美しく、・・・500 miles a days ...

と言うフレーズを。

あぁ、また、レガシィ(BPEA5PU)を駆って、北海道、行きたいです。

以上

【トラックバック先】
【第1回】あなたのレガシィライフを自慢してください(“スバル レガシィ オフィシャルブログ”様)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・ドライブ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。