So-net無料ブログ作成
検索選択
温泉・銭湯 ブログトップ

よみうりランド 丘の湯 [温泉・銭湯]

今月はちょっとばかり休日出勤しすぎの感もあるが、・・・ただでは転ばない!?

休日出勤した帰りに、良いリフレッシュ出来る場所を見つけました。っていうか、その場所はだいぶ前(昔)からあったんですが...、そこは僕が勤める会社(事業所)にとっても近い よみうりランド 丘の湯 です。

んでもって、今日も休日出勤した後のリフレッシュに 丘の湯 に寄りました。

仕事の後のひとっ風呂は最高です。人工的に作られた温泉(今は「下呂温泉」の時期)である岩風呂は自分にとって適温(39~40度)で、蒸し風呂(と言っても、サウナみたいな感じのもの)もサウナのように熱く息苦しくないので長く入ってられるところもあり、のんびりと入浴してリフレッシュが出来ます。
(なんだかんだと1.5時間ぐらい入ってたかなぁ)

そして、風呂上がりにはビアでも...と言うところですが、さすがに車(マイカー)で家まで帰らなければならないので、それは我慢して...(笑)

さて、温泉(銭湯)としての総評は、お値段もまずまず(時間制限なし)のもので、適度な湯温だったので、◎ です。☆ にすると 4つ といったところです。

以上


ほったらかしの湯 [温泉・銭湯]

日頃の疲れ(肉体的疲労ではなく精神的なもの)が溜まってきた感が強く、フッと「温泉へ行こうかな」と思い立って、

ほったらかし温泉

と言う山梨県にある温泉へ行ってきました。

この温泉は天気のよい日は生の富士山を見ながら温泉に入ることが出来る所で、それ以上に東の空に登る朝日を見ることが出来る温泉でも有名という...所らしいです。
で、朝日を見ながら温泉に入りたいことと少しでも交通費を浮かすため、昨日の晩に出発し、いつも実家に帰る時のルートを辿りながら中央自動車道へ...。

談合坂サービスエリアでの仮眠で時間調整をして朝5時頃に勝沼インターでおりて、辺り一面が真っ暗闇の葡萄畑である中の道を走行、途中で雁坂みち(国道40号)を横切りながら山のほうにある目的地に着いたのは朝5時半頃でした。

まだまだ夜が明けない時間だというのに、けっこう客は来ているようす。朝日が見れる今日の湯は、

あっちの湯

という名のほうで、入浴料600円を払って温泉へ。
(日によって湯が違うようです)

冷え切った体に熱い湯は堪えたけど(元来、熱がり)内風呂で体を温めてから、露天風呂へ行ってみました。

そろそろ陽が昇る頃になっても空はどんよりと曇っていて清々しい朝日を拝めることは出来なかったものの、次第に夜が明け始めると東の山の稜線が見えるぐらいにはなってきました。それでも雲で覆われていて朝日と富士山は見れませんでした。

だいぶ長いこと風呂に入ってたのでのぼせてしまったのか、露天風呂の湯が熱く感じてしまいあがることにしたのが7時ちょっと前で、身だしなみ(!?)を整えてから湯冷ましするようなスペースから撮影したのが上の写真です。

晴れてたらと思うと今日は残念な天気でしたが、また来てもいいな、と思わせる良い場所でした。
総評としては、お値段も時間制限無しでお安いですし、小生にとっては適度な湯温の露天風呂で良かったので ◎ です。☆ にすると 4つ といったところです。

以上


みはらしの丘「みたまの湯」 [温泉・銭湯]

今日は世間一般的に三連休の中日(なかび)です。

昨日は小さい冷蔵庫を実家に持って帰ってたので、実家から山梨県にある日帰り温泉

みはらしの丘「みたまの湯」

へ行ってみました。
(某自宅へ戻るついでに...)

ナビに任せて行ってみたらブドウ畑(なし畑?)の中のすごい道を走らされ焦りましたが、なんとか目的地に着くことは出来ました。

しかし、なんのことはない、立派な道がきちんとあるではないですか(>_<)

気を取り直して、建物の中に入館し、入浴料の750円を支払い、お風呂へ向かいました。

内湯は二つあり、38度のものと41度(たぶん)のものがあり、熱いのが嫌いな小生は38度の湯船に入りました。選択できる点はよかったです。

さて、“みはらしの...”というからには露天風呂にも入らなければということで、外に出てみました。確かに見晴らしがよく、甲府盆地を眺めるには最高の模様です。まぁ、視力の悪い小生には、あまり遠くまで見えない風景ですけど(^^;)


(駐車場から撮影したので、露天風呂から見る角度が異なりますが)

露天風呂の湯温も程よいもので、けっこう長いこと浸かってました。

だいぶボォ~としてきたので風呂から上がり、帰り支度をしました。

総評としては、お値段もまずまずのものでしたし、小生にとっては適度な湯温でうれしかったので ◎ です。☆ にすると 5つ といったところです。

以上

PS.この後、高速道路のと一般道の大渋滞にハマり、ヘトヘトになってしまいました。なんとかなりませんかねぇ。いつもいつも同じところで...(T^T)


赤沢日帰り温泉館 [温泉・銭湯]

今日は会社を休みました(計画的休暇というやつです)。

仕事はやることはいっぱい残っているのだけど、平日じゃないと出来ないことをするため、無理矢理(!?)休んだ訳です。

朝はいつも通り...に起きる訳もなく日頃の寝不足を解消するかのようにじっくりと寝て、10時頃に起きました。

しばらくボォ~としてから、身支度を整えて外出し、銀行へ行ったりマンションギャラリー(モデルルーム)へ行ったりしました。

そして

温泉に行く準備をして愛車に乗り込みエンジンをかけて、カーナビの目的地を

赤沢日帰り温泉館

に設定し、エンジンが暖まってから出発しました。

まず小田原方面に行くために有料道路を使いました。その途中、僕は追い越し車線を走行していて、走行車線から猛スピードで抜いていく白い車に対し、

こ、怖い...

と思ってたら、いきなり白い車の屋根に赤い○○灯が出て何やらウィンカー出したりして前を走行してたコンパクトカーを停めようしているではありませぬか。いやぁ、一歩間違えたら僕が停められていたかと思うと、さっきとは違う恐怖が...(゜o゜;)

ってなことがありつつ小田原を抜けて、しばらく一般道や真鶴道路(有料道路)、熱海ビーチラインを走り、最後は30kmぐらい国道135を走り、やっと目的地に到着しました。
(おおよそ95kmの道のりを約2時間で...)

交互に男湯と女湯が入れ替わるようで、今日の“男湯”は3階でした。

自分のカメラで撮影することは出来ないので、赤沢日帰り温泉館ホームページ写真を拝借(リンクという形)させていただいて、

という感じで露天風呂から海の水平線などを眺めることが出来ます。

入浴したのはお日様が落ちた後で、お月様(三日月)の光が海面に映し出され、伊豆半島の山の麓(海岸線)を走る自動車のヘッドライトがなんとも綺麗な感じで...。まぁ、視力が悪いんで、そんな感じかなぁって感じでしか見えていないけど...(苦笑)

ただ、僕的に残念なのは、露天風呂の湯の温度が高いのか、僕は長く入ってることが出来ず、内風呂にあった

という DHCの湯 に長いこと入ってたような気がします。
(赤沢日帰り温泉館ホームページから拝借。写真は4Fのもの)

結局、1時間ぐらい温泉に入ってたでしょうか。のぼせてきた感があったので出ました。その後、しばらく1Fのロビーで水分補給をしながらまったりとしてから、赤沢日帰り温泉館 をあとにしました。

総評としては、ちょっと料金が割高かなって気がしますが、全体の雰囲気は悪くないですね。ただ、本来ゆっくり浸かっていたかった露天風呂が僕にとっての適度な湯温じゃなかったので △ ですね。☆ にすると 2つ といったところでしょうか。

以上


道志川温泉 紅椿の湯 [温泉・銭湯]

短い夏休みは 今日 まで。あっという間の3日間でした。そんな貴重なお休みの最後に、とある方に教えていただいた

道志川温泉 紅椿の湯

へ行ってきました。

青山のT字路から国道413号(道志みち)を山梨県(と言うよりは山中湖といったほうがわかりやすいかな)方面に向かって約22km進み、あたかも道志川の河川に下るような道へ...。

小さな橋を渡ると前方に目的の 紅椿の湯 が見えました。

さらに、道志川の水の流れる音(せせらぎという感じではなく、かなり強い流れ)が暑さを忘れさせてくれそうな感じがしました。

駐車場は3階層あるもので、かなりの台数がとめられるスペースがありました。

さて、問題は、入浴料1000円もとるくせに3時間しかいられないっていう時間制限があり...、1800円払えば1日いられるらしい。ちょっと高い気がしました。

さて、肝心の 湯 のほうですが、内風呂2つ+水風呂(たぶん)1つ、サウナ1つ、露天風呂1つというもので、それなりに充実したもので...、小生は内風呂のぬるま湯が気に入りました(冬になってもぬるま湯なんだろうか)。それと、露天風呂も小生にとって最適な湯温で気持ちよかったです。

・・・で、1時間ほど温泉を満喫しました。風呂上がりに、500mlのポカリスエットを飲みましたが、あっという間に飲み干してしまいました。

か、軽い脱水症状だったりして...(苦笑)

とまぁ、風呂上がり、なんとなくボォ~としながら、体の “暑さ” が落ち着くのを待って、紅椿の湯を後にしました。

総評としては、お値段がちょっと高い気もしましたが、小生にとっては適度な湯温でうれしかったので ◎ ですね。☆ にすると 4つ といったところでしょうか (⌒‐⌒)

また機会があれば行きたいと思います。

以上


スーパー温泉・丹沢湯彩 ほたる [温泉・銭湯]

アパートの狭い狭いお風呂じゃくつろげる(ゆっくり出来る)雰囲気ではないので、たまには広々なお風呂(温泉)へ...と言う事で、夕方に家を出て行ってまいりました。

行き先は、

スーパー温泉・丹沢湯彩 ほたる

であります。

ちょっと狭い路地に入って行くんで大きい車(って、小生は愛車をBMW7シリーズ級だと勝手に思ってる。爆爆)だと大変だったし、駐車場もなんだか変な作りになっていて奥に入っていったら変な形でどん詰まりになっていて車を止めるのも一苦労...。

まぁ、そんなこんなの前置きは、これぐらいにしておきまして。

土・日曜の入浴券(650円、まぁ、こんなもんでしょ)を買って受付に出してから、早速お風呂へ...。

感想としては、全体的に良い感じでした。とくに、めちゃ熱い!!ていうんじゃなくて、じわじわと熱くなってくるサウナが良かった。でも、不思議だったのは、ジャグジーと言われている風呂(湯船)が、ジャグジーっぽくなかったなぁ。あと、脱衣所と風呂場との間の引き戸(?)の締まりが悪かった。

とりあえず1時間ぐらい粘ってのんびりしました。

ただ、食事時に行ったので、お腹が空いてきたことと、お風呂でのぼせた感じで、ボォ~となってしまいましたが(苦笑)。

・・・と、こんな感じの感想であります。

しかし、なんだなぁ。

今住んでいる所で、お手頃な立ち寄り湯(日帰り温泉・銭湯)って無いものなのだろうか。

以上


スーパー銭湯・湯快爽快さかわ [温泉・銭湯]

今日は、ホームセンターへ雑貨品のお買い物をした後、ここのところ平日はドライブしてあげられなかったので、ドライブがてら 小田原 にある スーパー銭湯・湯快爽快グループさかわ店 へ行きました。

で、金に物言わせて、有料道路を使って行ったのですが、降りるべき IC を間違え(・・・というか、料金所過ぎた後、左側に車がいて、出口方向へ行けなかったと言うのが真実である)、小田原西IC まで行ってしまい 西湘バイパス を使って戻って来る羽目に。

小田原西IC じゃなくて、手前の IC で降りれば良かったんだけど、ドライブも目的の一つであったんで、この際、ナビ任せにしてみました。まぁ、余分な出費はしたけれども...(苦笑)。

西湘バイパスの 国府津IC で一般道へ降りて、国道1号で西に向かうと 酒匂川 を渡る手前に、目的地である 湯快爽快さかわ店 があります。

まぁ、銭湯(温泉ではない)なんですけど、何種類かの湯船(屋根付き?露天風呂など)やサウナがあったりと、とても広くてゆったりと入っている事が出来るんで好きです。今日も、約1時間ほどお風呂に入っていました。
(たぶん、自宅じゃ、こんなに入っていない。お風呂狭いしね)

今後も、ちょくちょくと、行く...ことでしょう。

以上


温泉・銭湯 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。