So-net無料ブログ作成
セミナー ブログトップ

変化の時代、日本経済の展望 [セミナー]

昨晩、掲題のように、いかにも堅苦しいテーマでの講演会(セミナー)が、某所にて開催されたので行ってきました。講師は 森永卓郎氏 でした。話し方が柔らかく、あまり小難しい言葉も使わずわかりやすい話し方で、時折面白い(楽しい)話もされるなど、とても親しみやすい感じで、あっという間の1時間ちょっとの講演会が終了しました。

その講演会の概要は以下の通りですが、我が輩の解釈と感情が多々入っていることをあらかじめご承知おきください。

―・―・―

2008年の金融危機(環境変化)の要因として、1.原油高、2.穀物高騰、3.サブプライムローンがあげられる。原油高と穀物高騰については、ニューヨーク市場での先物取引による投機が原因である。とくに穀物高騰については、前米大統領の「バイオ燃料政策(??)」により、米国の農家がトウモロコシが儲かると言うことで小麦や大豆などからトウモロコシへ切り替えたために、トウモロコシ以外の穀物生産量が激減したことも影響が大きい。

また、前米大統領の8年間は、原油高や穀物高騰による恩恵を受けた企業の経営者や、イラク戦争などの軍事産業で儲けた人たち(いわゆる自分 ※1 を支持してくれた人たち)への恩返しだったのではないか、とも。

なお、現在の米国の金融危機は、まだ第1ステップに過ぎず、次に来る(第2ステップ)「個人 ※2 の金融危機」がある、と考えているようです。

余談になりますが、森永氏が学生の頃、卒論(テーマ??)として、原油の埋蔵量について、OPECなどが公表していたデータを基に試算したら「数年で枯渇し、世界恐慌が起きる」という結果が出たそうで、当時の森永氏は世界恐慌が起きてもつぶれない(大丈夫な)企業は「たばこ産業」とのことで入社しようとしたとのことです。さらに、その際に、面接官(だったと思う)が「戦争時、兵士が(逃げる際に)最後まで捨てずに持っているものは“たばこ”なんだ」と言われたようです。そして、「OPECが公表している(いた)データは全くのデタラメだ!」とも。

続きを読む


心の声に耳を澄ませる~ほんとうのこと~ [セミナー]

・・・というテーマで、会社主催のオープンセミナーが、本日18時45分から某所で行われました。講師は、石川県の養護学校で教鞭(?)を執られている 山元加津子 氏 でした。

いろいろと心に染みる話ばかりで、涙もろい自分は声を出して泣きたいところをぐっと我慢しながら話を聞いてました。

「人と人が出会ったときに、どちらが一方的に教えることではなく、互いに教えあうことが大事です」
「心は自分のものだけど、自分の力が及ばないところのものです」

これは、山元氏のお話の中で、自分が「!!!」と感じた一文です。

さらに、お話の中で 山元氏が関わって作られた本「さびしいときは、心のかぜです」や「僕の上の星☆君の上の星」の中でつづられている詩や、般若心経を独自の解釈で作られたという本「宇宙の約束」の中の一節を紹介してくれましたが、どれもこれも...涙なしでは聴いていられないぐらいでした。

言葉(文字)にして上手く伝えることは出来ませんが、「僕の上の星☆君の上の星」という本はオススメかもしれません。
(って、まだ、自分が手に入れてない状況ですけど)

あと、山元氏のホームページ「たんぽぽの仲間たち(みんな素敵)」やブログ「いちじくりん」もご覧になってみてください。

以上


表現する素晴らしさ~うたを通じて [セミナー]

・・・というテーマで、会社主催のオープンセミナーが、本日18時45分から某所で行われました。

講師は、ミネハハ という名で活動されているソロシンガーで、本名は 松木美音 氏 でした。
(以下、ミネハハさん と書きます)

セミナーに参加しようと思ったのは、自分にはあまり縁の無い世界で活動されている方だったので、どんな話が聴けるかな、という興味からでした。

まず、会場に入ってビックリしたのが、いつもとはだいぶ雰囲気の違う座席レイアウトになっていたことでした。これまでにも、何度か会社主催のセミナーに参加したことがありましたが、コの字型 のような感じは初めてでした。主催者側の説明でも、今回初めて試みることだとのことでした。
(まぁ、そう言うレイアウトに何でなっていたかは、後ほど理解することが出来ました)

さて、セミナーの内容を簡単に。

ミネハハさんが会場に入ってくるなり、緊張をほぐすためと仰りながら、いきなり「この胸におかえり」を歌い出しました。・・・と言うわけで、初の試みの座席レイアウトの理由が、これで判明したわけです。つまりステージを囲むようになっていたんですね。

歌い終わると、ステージ上(と言っても、立派なものじゃないけどね)で、テーマに沿ったお話を始めました。ただ、このようなセミナー(講師として)は初めての体験だったようです。

で、表現 と言うことについて、様々なことをお話ししてくれましたが、その中で

コミュニケーションとは“五感”すべてを使って行うもの。
※メールのような文字だけのメッセージにはない、喜怒哀楽のような感情表現も大事であることを言いたいようでした。

チャンス(機会)とチョイス(選択)とチャレンジ(挑戦)を Do(行う) にした時に初めて形として残る。
※ロケーションとシチュエーションが違っても、チョイスは100%自由であるとのことです。

と言うお言葉が頭に残りました。さて、それを自分の中で実行できるか、それはこれから試される...のでしょう。(←なんか他人事みたい)

ちなみに、その他にも、市原の農家で生活していた時の経験で、

・人というのは、なんてちっぽけな存在か。
・人というのは、なんて可能性を秘めた存在か。

と言う相反するような事柄を発見(?)したり、当時(何歳頃なんでしょう?)新宿で1位のホステスさんだった人と、バックパック一つでアフリカへ旅に出たりした時に、

・金の北米、女の南米、歴史のアジア、耐えてアフリカなんにも無いのがヨーロッパ
 ※意味はよく分からないそうです。

というバックパッカーと呼ばれる人たちの深みのある格言や、

・雨露しのぐ屋根と食べるものさえあれば、何とか生きていける。

と言う経験談を教えてくれたり、なかなか面白いお話も聞けました。

ハプニングという言葉、悪いイメージで捉えがちだけど、良いイメージでもある。
※日本人はどうしても後ろ向きな考えになってしまうそうだけど、前向きに考えましょうって事なのでしょう。確かに、訳としては 悪いイメージ は無いですものね。

というお話などなど。

ってな感じで1時間強のお話があった後、今度は ミニライブ と化しました。こちらは、ほんの目と先で生歌が聴けるのですから、とても嬉しかったです。

(1) 蘇州夜曲
(2) 雨
※市原の農家での経験談から作った歌だそうです。
(3) AVE MARIA
※昔、合唱団にいた頃によく歌っていたものらしいです。
(4) Amazing Grace
※超有名な賛美歌ですね。昔、アフリカから奴隷を乗せた船の船長だった人が、自分の過去を悔いながら作ったのが賛美歌だそうです。そのうちの1曲なんだそうです。
(5) THE ROSE
※歌を聴いている時は、どこかで聴いたことがある曲だなぁ、なんて思っていました。後で、気になるDVDのジャケットをみたら、「あ!これだ!」と思いました。それは、スタジオジブリの映画「おもひでぽろぽろ」のエンディング曲「愛は花、君はその種子」(都はるみ)だったのです。
(6) ひとつ
※阪神大震災に関係する(その時に作った?)歌だそうです。小生、その当時、その場所にいたんですよねぇ。

と、ミニライブは計6曲の歌で終わりましたが、もうかなり ジ~ン としてしまい、涙腺のゆるむのを我慢しちゃった...(我慢するの良くないんだけど)。

いやはや、本当にセミナーに参加して良かったと思いました。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
セミナー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。