So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン日誌 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ファンレスの... [パソコン日誌]

にこだわりすぎて無駄使いの買い物をしてしまいました。・・・ていうのは、新調中のパソコン用のグラフィックボードのことなんですが...。

極力静かなパソコンを目指していたのでグラフィックボードのファンレスを探していて、ベアボーンのチップセットの相性などから当初から考えてた GIGABYTE 製の

GV-NX76T256D-RH

という品物を○5000円弱も払って購入したんですが、喜び勇んで自宅へ帰ってから箱を丁重に開けてから中身の製品を見ると、

ぶ、分厚いぞ!!(゜o゜;)

って叫びそうになるぐらい、なんと、買ってきた品物は拡張スロットを二つ使う(一つはそれを挿すところ、もう一つは空冷用に使う)形だったんで、物凄いショックでした。

今新調中のキューブ型の小型パソコンなんで拡張スロットは二つしかなく、一つは今時珍しいかもしれないけどSCSIボード(スキャナー用)で使うので外すことが出来ません。・・・というわけで買ってきた GV-NX76T256D-RH は、箱につめなおして封印...。

とほほ...org

せっかく一緒に UMAX 製チップを使ったメモリー(DDR2 SDRAMタイプ)の2ギガバイト(1ギガバイトを二つ)を買ってきてたのに、グラフィックボードのせいでパソコンの 火 を入れられないなんて、スゴい後味が悪いというか悔しいというか...で、グラフィックボードを買い直しに行きました。

一応、今度もファンレスにはこだわってみたけど、グラフィックの性能は下がってしまう形だけど、GIGABYTE 製の

GV-NX73G256D-RH

というもので、GV-NX76T256D-RH の半額以下でした。

変なところにこだわりすぎて失敗するなら最初からこれぐらいのものでよかったんだと悔やんでも後の祭り...。で、買い直したグラフィックボードを組み込んで、いざパソコンに火を入れてみました。

無事にLCDモニターにベアボーンのメーカー名が表示されて安心して次の段階へ。ひとまず、ウィンドウズXPのCDを光学ドライブに入れてセットアップを開始し、300ギガバイトのHDD初期化が終わるのをひたすら待ち...、一応ウィンドウズXPのセットアップが終わったところで、マイコンピュータのプロパティでCPUとメモリーの状況で問題ないことを確認して今日の作業を終了しました。今後は細かいセッティングなどをしてデータの復元などなど...。

さて、無駄買いしてしまった GV-NX76T256D-RH をどう処分しようかな。

以上


パソコンを新調中であります。 [パソコン日誌]

自宅のメインPCがOS破壊が起きて使用不能になって6ヶ月ぐらい経過した今日この頃で、別に公にすることでもないのですが(苦笑)、Windowsベースのパソコンを新調中なのであります。

先ず、核となるもの、CPUは今回も AMD社(日本語ページ) を選択し、一応最先端っぽい

AMD Athlon 64 X2 デュアルコア・プロセッサ

のうち、そこそこの性能があれば充分なんで、一番ランクが低い(?) 3800+(65W) というものを購入しました。

次に、そのベースとなるマザーボードなんですが、今回は省スペースを考えて、数年前から気になっていたキューブ型のものをということで、マザーボードが筐体に組まれた形の半完成品(ベアボーン)を選択することにし、ネットで探してたらちょうど良いのが見つかりました。それが、shuttle社 のベアボーンの XPCシリーズ

SN27P2

で、AMD製CPUと一緒に注文した次第です。

そして、次はメモリなのですが、ある程度目星はつけているものの、ちと値段が高いので躊躇しまくりなんですが、今は DDR2 SDRAM(PC2-5300)1GBを2枚購入しようと検討中です。

・・・で、そこまでは良かったんですが、想定外のことが起きてしまいました。今回購入した ベアボーン SN27P2 には、PS/2ポートが付いてないんで、これまでのPCで使ってたキーボードとマウスは使えなくなり、あらたに買う必要が出てきました。

そこで、ピピッと来たのが、Logicool社

Cordless Desktop S510

であります。最初は、キーボードとマウスとを別々に考えてたのですが、USBポートが無駄に使われることを考えると、これは一つで済むので即決しました。

・・・で、あらたに想定外のことが!!

届いたベアボーンの背面を眺めていたつい先日、・・・気付いてしまったんです。小さいパソコンには普通にあると思っていたモニター出力端子がないんです(T_T)。てっきりあると思いこんでた小生はショックを隠しきれず...。

NVIDIA nForceR 570 Ultra MCPって、グラフィックチップじゃないんかぁ~!?

ってよくよく調べると、これってグラフィックスチップじゃなくて、それをコントロールする側のもの...らしいということがわかりました。

・・・と言うわけで、あとはメモリとグラフィックボードを買えば、とりあえずはWindowsのセットアップが出来る状態になるので、なんとか年内中には立ち上げたいと思っている状況です。

続きはまた...。

以上

追伸.ちなみに、次期Windowsは買う気がないんで...、今回のパソコンでWindowsベースは終わりにしようと思っています。


パソコンの復旧作業は始まったばかり... [パソコン日誌]

数日前に、主で使用していたパソコンが、い、息絶えました。・・・とは言っても、ハードウェア的に息絶えた感じではなく、ソフトウェア(とくに肝心のWindowsXP)的要素が大きかった...と思う。

とりあえず、今回は、時間をかけて“じっくり”と復旧作業をしようと思い、

- VGAボードの交換
ストップエラーのメッセージに「ビデオアダプタを交換してみろ」みたいな一節もあり、
これまで使用していたnVIDIA製チップ搭載のVGAボードと、M/Bとの相性が良くない可能性があるという推測のもと交換する。

- 怪しげな中国HDDの取り外し
これは、単に怪しげな中国製と言うことだけで、他に理由はなし(冷や汗)。・・・に代わるHDDの新規購入して取り付けする。

- XP未対応のMO機器の取り外し
やっぱ、XP未対応となっている機器は使わないほうがいいようなので、一応XP対応しているの外付けMO機器で対応することにする。

- 拡張ATAボードの取り外し
玄人志向製のUltraATAボードを付けてHDDを増設していたが、今回はこれを完全に使用しないことにする。

- M/Bのリチウム電池の交換
どう影響するのかわからないけど、他にも“これ”が原因でシステム不安定になることが出ているようなので、今回は新品電池に交換してみる。

- 各種内蔵ケーブルの交換
パソコン筐体内の熱対策(放熱効果を良くする)のため、IDEケーブル、FDDケーブルをフラットなものじゃなく、細くまとめてある(こういう表現で良いのだろうか)ケーブルにする。

と言う計画を立ててみた。

まぁ、これらの内容、すべて眉唾ばかりではあるけど、とりあえず実施してみようと思っている。

・・・で、今夜、早速、VGAボード交換のため、ATI製チップを搭載したものを、インターネットで注文してしまった。

さぁ、復旧作業は、始まった。・・・が、いつ頃に本当に復旧するであろうか。

以上

【トラックバック先】
趣味のPC(“Standing Bar”様)


パソコン、逝ってしまいました。 [パソコン日誌]

最近、どうにも主としているパソコンの動作が安定せず、一昨日、セーフモード(Safe Mode)で立ち上げてみようと...したら、パソコン(Windows)が

ストップエラー(ブルースクリーン)

で落ちました。

その後、もう一度、セーフモードで立ち上げたら、また ストップエラー で落ちました。
┓(´_`)┏ オーノ~

「あぁ、やっぱ、ダメかぁ」
(落胆、大きなため息...)

とりあえず、“普通”に立ち上げることにしましたが、・・・やっぱ、ストップエラー で落ちました。それからも、数度、落ちました。

そして、何とか、正常(???)に立ち上がったと思ったら、Windowsのエクスプローラやコントロールパネルを開くたびに、

Windowsインストーラー

が起動し、何をインストールしているのかわらか無いが、待つこと数分すると、エクスプローラやコントロールパネルが開いてくる。

「ン!? 何か、おかしいぞ!!」

と思いながらも、普段のようにメールチェックして、ブラウザインターネットサーフィンをしようと、何気に日本語入力システム(FEP)をONにして日本語を入力しようとしたところ、

辞書ファイルが見つかりません。

という ??? なメッセージが...。

「何だ? こりゃぁ?」

どうやら、度重なる ストップエラー(とどめを刺したのは、セーフモード時に落ちたヤツ)が原因でWindowsのレジストリが破壊されてしまって、パソコンが

逝って

しまいました。

とりあえず、今(当時)出来ることをと思い、必要なデータを外付けHDDに待避させました。

・・・で、思いました。

一から、パソコンの構成や、COMSバッテリー電池の交換、怪しいと思われるVGAボードの見直しなど、じっくりとやってクリーンインストールしてみることにします。

はぁ、今度、このパソコンが復活する時はいつなのか、それは自分でもわからない。
┗(-_-;)┛ おもいな

つ、次は、Mac(林檎)にしよう...。

以上


不安定なパソコン [パソコン日誌]

これここ で述べてきたけれど、ここ3日間連続で、パソコンの電源を入れ、Windowsへログインした後に、ストップエラー(ブルースクリーン)の不具合が必ず発生します。
(今日も発生...)

しかし、それが発生した後、通常にWindowsを立ち上げても、何ともなく、ストップエラーも発生しなくなります。

自分で考えられる対策はしてきたけど、もうお手上げ状態...。
┓(´_`)┏ オーノ~

い、一体、何が原因なんでしょうか。

だれか、助けてください。

((())))))
)∪ ∪(((
(“∇“ ((
(ξ)
お願いっ

以上


ウイルスバスターが原因だったのか。 [パソコン日誌]

以前にブログに書いた(これ)けれど、今日もパソコンを立ち上げようとして電源を入れて、Windowsのログイン後に

ぷちん!!

とパソコンから音がしたと思ったら、Windowsのブルースクリーン(エラー)が発生してしまいました。まぁ、こうなると、どうしようもなくなるから、一度電源を切ってから入れ直し...。

とりあえず、その後は正常に立ち上がったものの、ウイルスバスターの自動復旧機能が働き、ウイルスパターンファイルが一つ前の状態に戻ってしまったので、今日時点の最新パターンへアップデートを実施した。

ただ、それだけじゃ、やはり不安だったし、何か情報が出ているんじゃないかと、トレンドマイクロサポート技術情報を見たけど、それらしいものは見当たらず...。

でも、何気に最新プログラムのダウンロードページを見たら、

VB2006SP2_1410_1041JP.exe
(ウイルスバスター2006をプログラムバージョンVer.14.1 ビルド 1041へ更新するためのもの)

が提供されているではありませぬか。

早速、その更新プログラムをダウンロードしてインストールをしてみると、リリースノートに書かれている 修正される内容 に、

===
Tmproxyモジュールに関する問題
-----------------------------
一部の環境で、コンピュータの起動時に以下のエラーメッセージが表示され、ウイルスバスター2006が正しく起動できない問題を修正しました。
この修正を適用するには、本リリースで再インストールを行う必要があります。

表示されるエラーメッセージ:
"The TmProxy module experienced a critical error.
Please reinstall the program: internal error: [-1/PH0/ENG00000008]"

Tmtdi.sysドライバーで、コンピュータの起動時に以下のエラーメッセージが表示され、致命的な問題が発生しコンピュータを正しく起動できない問題を修正しました。

表示されるエラーメッセージ:
"IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL"
===

と言うものがありました。

ハッキリとメモとかとってるわけじゃないから断言は出来ないけど、なんか自分のパソコンで発生している現象の内容のような気がしました。

とりあえず、その更新プログラムのインストールが正常に終わりパソコンを再起動し、今に至りますが...。

とにかく、これでWindowsが 安定 してくれることを切に祈るのみですが、そうは問屋が卸さない...かも知れない!?

あ、それにしても、今回の更新プログラム公開の知らせが、サポート情報や定期メールなどに掲載されていなかったが、最近のトレンドマイクロはどうしてしまったのだ。昔は、きちんと掲載してくれていたのに...。

以上


Windows?ウイルスバスター?それとも? [パソコン日誌]

昨年末に WindowsXP へ移行し、ほとんどの環境が以前と同等になった今日この頃ですが、どうにも腑に落ちない現象が、たま~に発生します (@_@;)

今日は、いつも通りに、パソコンの電源を入れ、Windowsを起動・ログインした後、ウイルスバスターのライブアップデートを手動で行い、メールをチェックして、自分のブログをチェックして、・・・ボォ~と R17 (本当は R25 を入手したかったんだけど)を読んでいたら...。

ぷちん!!

「ン? あ、あれ? さ、再起動して...る?」

そう、いきなり Windows が落ちて画面真っ黒、訳わかんない強制リセットがかかり、再起動が始まりました。とは言え、再起動がかかってしまった以上、こちらは何もすることが出来ませんので、ログイン画面が出るまで待つだけ...。

・・・が、しかし!! いきなり、Windows の起動途中で ブルースクリーン (いわゆるエラーメッセージ画面)になってしまい、完全停止状態に。

「はぁ!? ま、またぁ!?」

ブルースクリーン になってしまった以上、どうすることも出来ず、とりあえず強制電源切断しました。数十秒間をおいてから再度電源を入れ、Windows の起動を待つことに。

今度は、問題なくログイン画面まで来て、その後も正常に起動することは出来ました。今も問題なく動いている...ようです。
(このブログ書いてる時も不安でたまりません)

・・・で、考えてみました。

Windows のエラーで ブルースクリーン や 強制リセット になるタイミングって、ウイルスバスター2006 の アップデート (ウイルスパターンファイルの更新など)を実施した後に発生していることが多いような。ただ、アップデート を実施した後、毎回発生している訳じゃなくて、毎日更新される どれかのパターンファイル との相性が悪い、のかも知れない。

・・・と言う推測に至りました。
(確たる証拠などがある訳じゃございません。ご注意ください)

本当のところ、この現象は、一体 何 が原因なんだろう。
┓(´_`)┏

以上


不良ブロックあり、チェックディスクが...。 [パソコン日誌]

今日、定期的な“ある”作業のため、外付けHDDに格納している古いデータを消そうとしたところ、エラーが出て正常に消せないデータがありました。何度も消す作業を試みても、エラーで消せないのです。

「変だなぁ」

と思いながら、コンピュータの管理からイベントビューアを参照してみました。そしたら、その外付けHDDに 不良ブロックがあります というエラーが延々と記録されていました。

「あ、あれ!? 不良ブロック?」

これはアカンと思い、慌てて ブート途中でチェックディスクが行われる 様にして、コンピューターを再起動しました。普通なら、再起動した後、OSのブートの途中でチェックディスク処理が始まるのですが、

「あれ? そのまま立ち上がっちゃうじゃん...」

数回、同じ手順で試しても、ブート途中でのチェックディスク処理が開始されず、普通に立ち上がってしまいました。

「う~ん、なんかおかしいなぁ」

じゃぁ、Windows上でチェックディスクを実施してみるかと、Windows上で ファイルシステムエラーを自動的に修復する不良セクタをスキャンし、回復する にチェックをつけて実行しました。

フェーズ1が終了、フェーズ2に移った、・・・あ、あれ、エラー?」

そう、フェーズ2の途中で、チェックディスクが続行できません と言うようなエラーで、チェックディスク処理がと中断してしまいました。ますます変な状態になって行く感じでしたが、ひとまず ファイルシステムエラーを自動的に修復する不良セクタをスキャンし、回復する を、それぞれ別々で実行することにしました。

「ふむ、一応、正常にチェックディスクが終わったな」

かなりの時間を要したけど、2つの処理が終わったので、エラーで消せなかったデータを消してみました。・・・が、まだ消せないデータがちらほら...。

「うむぅ、な、なんでだぁ~」

そこで諦めるわけにも行かず、Windowsのコマンドプロンプト上で chkdsk コマンドでフルチェックを実行してみることに...。

「おお!! ステージ2(フェーズ2と同じだと思う)でいっぱい修正が出てきたぞ」

と、不正なエントリ情報が修正されたり削除されたりして、次にステージに移りチェックディスクが進行して行きます。これなら、何とか回復しそうだな、と思いました。順調にステージ3が終わりステージ4に移行...。

「な、長い...」

そう、ステージ4はファイルデータのチェックを実施する項目で、HDDに一杯ファイルデータがあると、それだけ余計に時間がかかるステージである。時間は刻々と過ぎていき、2時間経っても終わりません。

「はぁ、こりゃぁ、今日中に終わりそうもないかも...」

と思った時には、既に21時30分を過ぎていました。

外は雨がどしゃ降り(春に向けての嵐?)で、時間が経つにつれてますます悪くなると言う話だったので、チェックディスク処理を続行したまま(要は、パソコンの電源を入れっぱなし)帰ることにしました。

しかし、なんですなぁ、大容量化していくHDDのチェックディスクは時間がかかりますなぁ。もっと早く処理できるようにならないものですかねぇ。・・・なんて事を思いつつ、

「あぁ、自宅パソコンのHDDもチェックしなきゃなぁ」

としみじみ思いました。

以上


エアエッジ、その後(1月9日現在) [パソコン日誌]

1月2日に、ウィルコムがサービス提供している エアエッジ についてもの申してみた(つもり)です。さらに、エリア意見箱 なるものにも投書(と言うのかな)してみました。でも、うまく伝わったか、かなり不安ではあります。

さて、その上で、自分で出来る範囲のことはやってみようと思い、自分が使っている エアエッジ(通信)カード の ファームウェアのバージョンアップ をしてみました。自分が使っていたのはバージョンが1.00で、アップしたら1.80まで上がり、その差に驚いた。
まぁ、これで 実家における通信状態 が改善されるとは思えないけどね。

・・・で、この3連休、実家に帰って試してみました。

ダイヤルアップ接続が出来るエリアとしては、ファームウェアのバージョンアップ如きでは改善しないことがハッキリとわかりました。ただ、つながる場所(家の中でも一部)であれば、以前よりも通信が安定したような気がしました。それでも、今日の午前中は不安定な感じになったか。

結局のところ、サービスエリアとして、未だレベルの低いと言う事なのでしょう。

ウィルコム さん、何とかしてくれないものでしょうか。
(なんか、無性に悔しいです)

以上


エアエッジ、相も変わらず。 [パソコン日誌]

新年早々、もの申したいと思います。
(そういうブログのつもりだったし...)

ウィルコム(DDIポケット)がサービス提供しているエアエッジ(AirH")でありますが、使い始めて3年ぐらいは過ぎたでしょうか。

そのうちサービスエリアも拡大するだろうと高をくくってたのでありますが、実家(長野県の某所)においては相も変わらず電波状況が悪く、インターネットを利用するのも一苦労であります。
(っていうか、プロパイダへ接続は出来るが、電波状況が悪くて通信拒否されるのであります)

もともと、サービスエリア内と言ってもレベルの低いエリアになっていて、2,3年もすれば...と思っていたけど、所詮は田舎...。ウィルコムからしてみれば、設備投資するような地域じゃないと軽視されているのでしょうか。
(あ! 利用者がいないのか!?)

その他にも、実家の建物って軽量鉄骨だから、電波を遮蔽する何かがあるのかもしれないなんていう考えもあるけど...、屋外でやっても変わらないものなぁ。

もともと電波が弱い地域なんだろうなぁ。
ハァ~、なんだか悔しいです。

ウィルコムのウェブサイトに「エリア意見箱」というものがあるのだけど、これで投書(みたいな感じ)すれば対応してくれるんかなぁ。

何とかして欲しいものです。
(もの申すというよりも愚痴になっちゃったな)

以上


前の10件 | 次の10件 パソコン日誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。