So-net無料ブログ作成
映画鑑賞 ブログトップ

リアル鬼ごっこ [映画鑑賞]

2月2日(土)に全国ロードショーとなった映画です。

元は同名の小説が原作だそうです。たまたま深夜にテレビを見ていて、自分が好きなアーティストの一人が唱ってるコマーシャルが流れたことで、小生がこの映画を知るきっかけになりました。

・・・で、それからインターネットで映画情報を見てみたら、佐藤という姓の人達が次々と鬼と呼ばれる者に捕まったり殺されたりしていき、最後まで生き残ったら...と、なんか面白そうな内容だったので観てきました。

原作を読んでないので映画との比較は出来ませんが、パンフレットによると原作通りの世界観はCGとかを使わないと出しにくいということで、現在の世界観を基に二つの世界(パワレルワールド)にした映画になってるようです。

まぁ、その世界観は別として物語の展開はスピード感あり(って、逃げるシーンばかりだから当然!?)、スリル感ありなどで、なかなか良かったと思います。ただ、残念なのは最後の種明かしみたいな場面が、あまりにも淡白っていうかあっさりしてて物足りなさを感じたけど...。でもって最後の最後で、また別の世界が登場して...みたいな終わりでした。でも、う~ん、これは続編はあり得ないなぁ、的な感じでした。

ネタバレしないように書いた...つもりの感想でした。

以上


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

上映中の飲食の「食」について [映画鑑賞]

9月1日から一部の映画館で上映が始まった ヱヴァゲリヲン新劇場版:序 を観てきました。十数年前のブーム時にはあまりの熱狂さに恐れをなして、このシリーズ(?)を観ることはしていなかったのですが、今回は「前作を知らなくても大丈夫だよ」との一押しがあり観に行った次第です。

前作(テレビシリーズ)や原作を観てないんで、細かいところはわからないですが、かなりアツい内容で小生的には十二分すぎるものでした。

・・・て、そう言うことを書こうとしたわけではなく、TOHOシネマズやワーナーマイカルシネマズみたいな大きな映画館にある売店(コンセッション??)に、もの申す、です。

ポップコーンなど食べるものを売ってますが、あれ、なんとかならないでしょうか。

今日観に行った ヱヴァゲリヲン の時もそうでしたが、とくにポップコーンなんか、上映中に むしゃむしゃ と食べる人が近くにいたら五月蠅く耳障りです。映画を集中して観ることが出来ないです。

飲料ぐらいは問題ないですが、食べ物系は売らないで...。と言うのが極端であれば、上映中の飲食の「食」は止めるようにして欲しいです。

これまで何度そう言う目にあい、集中して映画を楽しめなかったことか。今日なんか、さらに最悪で、何処かに小さい子連れがいたらしく、上映中にその小さな子がはしゃいでいるのかわからんが、デカい声を出していて本当に迷惑でした。

まったく...。

以上


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「県庁の星」観てきました。 [映画鑑賞]

愛車の定期点検(半年毎)に出して待っている間、久々に映画を見に行きました。もちろん、時間を無駄にしないためとリラクゼーションのためです。まぁ、ちょうど上映時間の合う映画があったものですから...。

映画のタイトルは、県庁の星 です。

主演(?)は、織田裕二 と 柴咲コウ の二人で、どちらも人気のある俳優さんですね。

原作などの予備知識一切無しの状態で観ましたが、率直な感想として「この映画は 観て損は無し である」と感じました。(←人それぞれ、感じ方が違うと思うので、中には「アカン」という人もいるでしょうけど)

地方スーパー(チェーン店の一つ?)に、県庁から派遣されてきた人物(“県庁さん”と呼ばれる)と、そこに勤めるパート社員との確執みたいなところから始まるんですが、冒頭から“県庁さん”は嫌みタラタラな対応(マニュアルがどうとか...)を見ていて、

「あぁ、自分が勤めている会社も似たようなもんだなぁ」

と、“官”だけじゃなく“民”だってあり得る内容で、“民”だから良いとは言いきれないなんて事を思いつつ見てました。あと、部分的に“県庁さん”と同じ思いのところもあるし...。(って感じることは、小生は 嫌な奴 になるんだろか)

まぁ、それはそれとして、ある事をきっかけに次第に“県庁さん”の意識が変わっていき、パート社員と共同でスーパーの立て直しをしていくわけで...、最後にはハッピーな感じで終わるみたいな。

で、小生的に、この映画を見て思ったのが、“行政”側の考え方というものについて核心をついたものじゃないのか、と。今、住んでるところの自治体が、もし“ああいう感じなんか”と思うと末恐ろしいです。そうじゃないと思いたいですが。

ま、最近、この手の映画、増えてきましたね。その最たるものが「踊る大捜査線」シリーズでしょうかね。あれも、“官”側、つまり警察機構に対する痛烈な批判めいたものを感じますしね。

以上

PS.あぁ、ふと思いましたが、こういう映画、自分が勤めている会社の 役員 や 幹部社員 の方々って観るんだろうか。もし、観たとして、どう感じているのだろうか。

【トラックバック先】
★「県庁の星」(“ひらりん的映画ブログ”様)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

FINAL FANTASY VII アドベントチルドレン [映画鑑賞]

9月14日、“物語”として大好きなゲームであった「FINAL FANTASY VII」の、その後のお話を描いた「FINAL FANTASY VII アドベントチルドレン」が発売されました。

小生は、Playstation.com(Japan) にて事前に予約しておいたので、20時半頃に自宅に配達されてまいりました。

「FINAL FANTASY」を題材にして制作された某映画は、あまりにも酷評が多く、未だに観ておりませぬが、この「アドベントチルドレン」に関しては期待していました。

配達員さんから小包を受け取ると、すばやく開梱して中身をチェック...。

「ン!? これだけ?」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

スターウォーズ・エピソード3 [映画鑑賞]

7月9日から、いよいよスターウォーズ・エピソード3が日本公開されますね。それに先立ち、6月25日に先々行公開、そして7月2日に先行公開されました。ボクはと言うと、6月25日の先々行公開は予定があったんで、7月2日の先行公開、それも24時からの上映開始の部に行ってまいりました。

いやぁ、ビックリしたのは、24時からと言う遅い上映時間にもかかわらず、沢山の人だかりに...。まぁ、それだけ人気というのか話題性が高いっていう証拠となのでしょうね。

チケットは前もって昼間に買っておいたので良い席が取れてたけど、今回はそれが仇になった感じ。と言うのも、隣の席の奴のポップコーンをぽりぽり食う音が気になり、ちょっと離れたところからはイビキが聞こえて来て...、それらが気になって集中出来ず。

とまぁ、ちと本題から話が逸れたけど...。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ローレライ [映画鑑賞]

福井晴敏氏原作の「終戦のローレライ」をもとにした映画「ローレライ」をナイトショー(の時間帯)で見てまいりました。テレビCMなどで流れていた映像の素晴らしさ(とくに潜水艦)に惚れ込み、どうしても劇場で見たくて...。ちなみに、原作のほうは一切読んでおりません(苦笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画
映画鑑賞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。